男の人

還暦祝いで大切な人に贈りたいギフトは何でしょうか

香典返しのハウツー

風呂敷

香典返しを贈る場合に注意したいことがあります。それは香典返しに関するマナーです。故人を偲ぶ意味でも失礼にならないように注意を払いながら、香典返しを贈ることが重要です。

詳しくはコチラ

長寿祝いについて

家族

誕生日のお祝いにはさまざまな種類があります。長寿を祝う記念といえば、60歳の還暦祝いから始まり、70歳の古希祝い、77歳の喜寿祝い、80歳の傘寿祝いがあります。さらに、88歳は米寿祝い、90歳は卒寿祝い、99歳の白寿祝い、100歳の紀寿祝いと続いていきます。100歳以上になると、108歳は茶寿祝い、111歳は皇樹祝い、120歳は大還暦祝いとなります。ここまで長生きされるご老人は少ないでしょうが、年齢によって、祝う種類の数がたくさんあるのです。究極的には、なんと250歳を祝う天寿祝いというものもあります。人類の歴史を変えてしまうような、驚きのお祝いも中にありますが、長寿祝いはある年齢を節目にして、それまでの長生きを祝う大切な行事になります。
長寿祝いで祝う機会が多いのは、満60歳を祝う還暦祝いといえるのではないでしょうか。還暦祝いとして、真っ先に思い浮かぶのは、赤いちゃんちゃんこという人も多いはずです。還暦祝いの宴席の中央で、主役の還暦を迎えた人が赤いちゃんちゃんこを着ている写真や映像を目にすることも多いと思います。なぜ赤いちゃんちゃんこを着るのでしょうか。
これは、60歳で一度で赤ちゃんに戻るといった意味合いがあります。また、赤色には魔除けとして考えられていたため、昔は赤ちゃんは赤色の産着を着ていたことにも由来します。そこから、現在では、赤いちゃんちゃんこ以外でも、赤い色の物を贈ることが多くなりました。昔は60歳といえば長寿の部類でしたが、最近では寿命が伸びたこともあり、60歳でもまだまだ現役で働いたり、若々しい人が多いです。そのため、還暦祝いを迎える人にとって、赤いちゃんちゃんこなど、赤い物を贈られると、老人と思われているように感じて不快な思いをする人も少なくありません。そこで、赤い物に限らず、本人の本当に喜ぶようなプレゼントを贈ることが増えています。

母の日のおすすめギフト

たくさんのプレゼントと女性

母の日に感謝の気持ちを伝えることは大切なことです。普段言えない思いをギフトに込めて贈ってみましょう。お母さんの喜ぶ顔を想像しなからギフトを選ぶことはとても楽しいことです。

詳しくはコチラ

開店祝いで喜ばれるもの

フラワー

開店祝いを贈る際に、気をつけることは何でしょうか。日常的に贈るお祝いとどのような違いがあるのでしょうか。新しいお店をオープンさせる開店祝いならではのギフトについて考えます。

詳しくはコチラ

Copyright© 2016 還暦祝いで大切な人に贈りたいギフトは何でしょうか All Rights Reserved.